nakamura

36 posts
0 comments

各国で広がるワクチン接種 その効果は?

待ちに待った新型コロナウィルスワクチンの第一便、第二便が到着した。米ファイザー社のワクチンである。約42万人の人が接種することが可能と言われている。 先行接種として、医療従事者や高齢者などがリストアップされているが、ワクチンの合計数と接種人数がまだ釣り合わず、ワクチンはまだ不足だ。日本は引き続きのワクチン購入(輸送)を望んでいるが、日本がワクチンを供給されるには、ヨーロッパ連合の承認が必要となるため、ワクチンの取り合いになっている現在、輸送がスムーズに進むかは、まだ心配が残る。

PM2.5が鍵を握るコロナの重症化とは?

「重症化しやすい高齢者や持病のある方は十分に気を付けて!」今まで言われ続けていたことだが、この重症化に、それだけではない新たな原因が発見されつつある。 それが、PM2.5である。近年世界的に問題視されている空気汚染の原因がこれ。PM2.5は今や空気汚染の代名詞になっているワードだが、実はこのPM2.5が新型コロナウィルスの体内進入を手助けするということが分かってきたのだ。

半導体をワクチンに換える錬金術 台湾の外交手腕

2020年末から世界中をパンデミックに陥れた新型コロナウィルス。その未知なるウィルスに世界が右往左往している時に、厳しいまでの手法で見事に新型コロナウィルスを抑え込んだ台湾。素早く管理面を徹底させた水際対策で、一時期は世界で一番安全な場所、とも呼ばれた。新型コロナウィルスは200日を超えて感染者なしという状況を維持していった。 とは言え、冬の到来とともに、例年ならインフルエンザがおそってくるのだが、台湾にも今年はコロナが襲い、再び感染者が見られるようになった。それでも、ウィルスを抑え込むその徹底ぶりは、一貫している。

コロナワクチンに明るい兆し!アストロゼネカのコロナワクチンを国内生産予定

前回、「欧州におけるワクチン供給が滞っている現在、日本は大丈夫か?」というような主旨の記事を書いたばかりだが、全くもってタイムリーである。加藤官房長官は1月28日の記者会見で、「英アストロゼネカのワクチンを日本国内で生産予定」というニュースを発表した。 日本政府とアストロゼネカは、1億2000万回分の新型コロナウィルスのワクチン供給で締結している。うち、3000万回分は3月までに輸入見込みであり、残りは9000万回分となる。この残り分を国内生産で賄いたいという思惑なのだろう。

待望のワクチン、できたと思ったら今度は供給逼迫!?

現在、全世界からの需要で天手古舞中(だと思う)の製薬会社ファイザー、アストロゼネカがこぞって、EU(応酬連合)へのワクチン供給を停止した。いずれも、供給増加の為生産ラインの見直しが必要というのが原因としているが、EU(応酬連合)では「法的措置も辞さない」と鼻息が荒い。それもそのはず供給は約6割減額されるというではないか。 イタリア首相もこの供給減少にSNSで懸念を投稿。イタリアには予定供給数の半分以下の340万回に減少されるそうだ。これは明らかに重大な契約違反だとし、イタリアでは、ファイザーとアストロゼネカを提訴する方向でいる、とのこと。

新型コロナウィルス 10年経ったらただの風邪!?

すでに暦は2021年、現在、世界中を苦しめに苦しめている新型コロナウィルスが感染拡大をしてから、約1年の月日が流れてしまいました。この1年間で世界中の価値観や常識があっという間に変化をしていきました。世界経済は瞬く間に崩壊し始めています。つくづく、世界経済は自転車操業の上に成り立っていたのだなあという気持ちです。 新型コロナウィルスの感染者数は、世界で9500万人以上、死亡者数は200万人を超えています。しかもこの1年の間にです。こうした数字や、有効薬がないという未知の病気であり、またその症状の変化の素早さなどをみて、世界中がこの新型コロナウィルスと賢明に戦っている最中でもあります。

甘く考えてはいけない!新型コロナの後遺症

ラニーニャ現象でかなりの寒波が日本を襲っている今年、通常ならインフルエンザが心配になる時期ではあるが、今年は違う。誰もかれもがコロナ感染予防に躍起になっていることだろう。 2020年の年末からは、イギリスで確認された新型コロナ変異種も世界各国で猛威を振るい始めている。昨日日本では、ブラジルからの帰国者にまたさらなる変異種が確認されたというほどだ。新型コロナの勢いはどこまで続いていくことやら。

羽田議員急逝!PCR検査陽性確認

立憲民主党の羽田雄一郎参院議員が27日に急逝された。享年53歳。一般的にみても政界的にみても、これからの活躍が期待できた年齢である。謹んでお悔やみを申し上げます。 最近、よく見られる「症状の急激な重症化」。まさに羽田議員のようなことだが、数日前には普通にしていたものの、いったん微熱がでたと思ったら、そのまま重症化してしまう。この速度はなんなのか?

今注目される日本人の腸内環境!新型コロナを抑えるには和食が必要?!

ここ最近、新型コロナウィルス感染者数が右肩上がりの日本、イギリスでは変異種が発生し、新型コロナウィルスの新たな展開がはじまっている。 ヨーロッパ諸国でも、11月からロックダウン態勢を敷き、外部からの新型コロナウィルス流入を拒んでいるところだ。

臭いでコロナを識別、コロナ探知犬の活躍!

南米チリのサンディエゴ空港では、麻薬捜査犬ならぬコロナ探知犬が現在任務を遂行中だ。ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバー数頭で編成されているコロナ探知犬チームは、赤十字のついた緑のジャケットを着用。「バイオディテクター」として任務に当たっている。 フィンランド・ヘルシンキのヴァンター国際空港では、今年9月から「コロナ探知犬」の実証実験が行われている。通常のPCR検査ではなく、臭いでコロナを識別しようという試みだ。初期報告では、探知結果も上々で旅行客にも評判が良いということだ。フィンランド以外にもヨーロッパや中東では、コロナ探知犬の訓練や実証検査を行っているところが多い。
All countries
242,711,048
Total confirmed cases
Updated on 2021年10月20日 9:36 PM
Italy
4,725,887
Total confirmed cases
Updated on 2021年10月20日 9:36 PM
Spain
4,993,295
Total confirmed cases
Updated on 2021年10月20日 9:36 PM
Iran
5,821,737
Total confirmed cases
Updated on 2021年10月20日 9:36 PM
Germany
4,429,019
Total confirmed cases
Updated on 2021年10月20日 9:36 PM

Frequently Asked Questions